ページTOPへ

カチオン 界面活性剤 種類 毒性 ノンカチオンシャンプー

カチオン界面活性剤の種類・毒性を解説|ノンカチオンシャンプー&トリートメントも紹介!

カチオン界面活性剤の種類・毒性を解説|ノンカチオンシャンプー&トリートメントも紹介!

 

シャンプーの安全性を語るときに、洗浄成分(界面活性剤)やシリコンの安全性についてはよく聞きますが、カチオン界面活性剤の話が出てくることはあまりありません。

 

美容師さんやメーカーなどの一部の専門家の間では常識ではありますが、一般的なシャンプーユーザーの間では、カチオン界面活性剤のことはまだまだ知られていないのが実情でした。

 

ところが最近、「カチオンゼロ」「カチオンフリー」をコンセプトにしたシャンプー&トリートメント(コンディショナー)も増えてきました。そうすると、「カチオン」って良くない成分なの?と気になりますよね。

 

 

ここでは、そんなカチオン界面活性剤とはどんなものなのか、危険な成分なのか、解説していきますね。また、カチオン界面活性剤を避けたい人のために、不使用のヘアケアアイテムも紹介していきます!


 

 


カチオン界面活性剤ってそもそもなあに?

 

界面活性剤はシャンプーだけでなく、住宅用洗剤はもちろん、「洗浄」をするための洗剤にとってなくてはならないもの。界面活性剤なしには洗うことはできません。

 

実は界面活性剤には汚れを落とすだけではなく、殺菌や乳化、柔軟性を与える役割を果たすものも。リンスや柔軟剤に配合されるカチオン界面活性剤です

 

「洗浄」と「殺菌・乳化・柔軟」の性質がある界面活性剤は種類が違うんです。

 

界面活性剤の種類

界面活性剤は大きく分けて2つ。そのうちの1つをまた3つのタイプに分けることができます。

 

界面活性剤の図

 

カチオン界面活性剤はその中の「陽イオン界面活性剤」に分類されます。

 

陽イオン界面活性剤は、おもに柔軟剤やリンス、コンディショナー、トリートメントに配合されます。

 

ちなみに、洗浄成分のうち硫酸系、スルホン酸系などは陰イオン(アニオン)界面活性剤。アミノ酸系、ベタイン系は両性界面活性剤に分類されます。

 

カチオン界面活性剤の種類

 

カチオン界面活性剤は、さらに「第3級アミン塩型」と「第4級アンモニウム塩型」に分かれますが、ここではヘアケア製品によく配合されるものにしぼって紹介していこうと思います。

 

・ベヘントリモニウムクロリド
・セトリモニウムブロミド
・ステアルトリモニウムクロリド
・ステアリルトリモニウムブロミド

4級
皮膚刺激:×
肌や髪への吸着力が高く、コンディショニング効果が高い一方でたんぱく質変成作用、殺菌力も高いので刺激性が高い。

・ベヘントリモニウムメトサルフェート

4級
皮膚刺激:△
4級だがコンディショニング効果はそのままに低刺激に改良されたカチオン界面活性剤。

・コカミドプロピルジメチルアミン
・ステアラミドプロピルジメチルアミン
・イソステアラミドプロピルジメチルアミン
・べヘナミドプロピルジメチルアミン

3級
皮膚刺激:〇
3級に比べるとコンディショニング力は落ちるが生分解性も高く低刺激。

 

 

「〇〇クロリド」が付く4級カチオンは刺激が強め

 

「〇〇アミン」が付く3級カチオンは刺激が弱め

 

 

と覚えておきましょう。


 

カチオン界面活性剤の特徴

カチオン界面活性剤は、陽イオンという名の通り、プラスの性質をもっています。マイナスの性質をもつせっけん類と逆なので、「逆性せっけん」とも言われます。

 

シャンプーや髪の毛そのものはマイナスの性質を持っています。シャンプー後などにカチオン界面活性剤入りのリンス等をすることで、このプラスとマイナスがくっつくことになります。

 

リンスやコンディショナーを付けると、乳化作用で髪がつるつるすべすべになるのはこれが理由です。

 

静電気が起きやすい冬場にも、リンスやコンディショナー、トリートメントに含まれるカチオン界面活性剤のおかげで髪の毛のパチパチを軽減してくれる効果も。

 


カチオン界面活性剤は危険なの?

カチオン界面活性剤には「殺菌」の効果もあります。

 

この殺菌効果は裏を返せば「刺激がある」ということ。皮膚に付けたまま洗い流さないというようなことがあれば、かぶれたりかゆみや赤みが出てしまいます。

 

頭皮に付けると粘性のあるコンディショナーなどは毛髪がジャマをしてきれいに洗い流せない確率が高くなります。髪に使う場合は「毛先に付けるように」とされているのはこれが理由です。

 

カチオン界面活性剤は避けるべき?

とはいえ、カチオン界面活性剤のコンディショニング効果は毛髪にとっては良いことが多いので、ほとんどのコンディショナーやトリートメントには配合されています。

 

特別肌の弱い人でない限り、正しい使い方をすればそれほど避けなくてはいけない成分ではありません

 

また、すべてのカチオン界面活性剤が刺激性が高いわけでもなく、比較的安全性の高いものもあります。

 

カチオン界面活性剤を使っていないシャンプー&トリートメント

 

先にも書いたとおり、カチオン界面活性剤は基本的にはシャンプーには配合されず、リンスやコンディショナー、トリートメントに配合されます。しかも、カチオンフリーの製品を探すほうが難しいほど高い確率で配合されています。

 

頭皮に付けて時間を置いたりしないかぎり特に心配いりませんが、敏感肌の人はやっぱり気になると思います。

 

そこで、シャンプーはもちろん、コンディショナー類にもカチオン界面活性剤が不使用の商品をピックアップしてみました。

 

カチオン界面活性剤が含まれないヘアケア商品の紹介

カチオン界面活性剤が不使用でも、他の刺激性の低いコンディショニング成分が配合されています

 

当サイト掲載商品の場合はリンク先に成分解析とレビューもあるのでよかったらチェックしてみてくださいね。

 

コンディショナー(トリートメント)もあるが、カチオン無しのタイプ

ハーブガーデンシャンプー


カチオン界面活性剤はもちろん、あらゆる刺激成分を排除したオーガニックなアミノ酸シャンプー。

 

頭皮ケア成分・ダメージケアも豊富なので、カチオンフリーでもしっとり手触りよくまとまります。

 

エトヴォス


低刺激&高機能スキンケアがコンセプトのエトヴォスのヘアケアシリーズはやはり高機能。トリートメントはノンカチオンでも、ヒト型セラミド、18MEAなどバリア機能を高める成分、ダメージ補修成分配合でしっかりケアできます。

 

HANAオーガニック


オーガニックコスメブランドでご存じのHANAオーガニックのエイジングケアシャンプー&トリートメントです。40代以上の女性向けの処方なので、白髪染めなどあらゆるダメージを受けた頭皮をいたわる優しい使用感。

 

ボリュームダウンが気になる、エイジングケアしたいなどのお悩みにこたえる成分がたっぷり配合されています。

 

 

シャンプーのみでOKのタイプ

カチオン界面活性剤はもちろん、他の刺激成分も徹底排除してあるのが以下の2つです。

 

kurokamiスカルプは特に、ボリューム不足や頭皮のおとろえが気になるエイジングケア世代の人におすすめ、うるおっては敏感肌で悩む人におすすめです。

 

気になる人はリンク先のレビュー・成分解析結果をまとめたページをご覧くださいね。

 

 

 

市販のカチオンゼロ

ご存じレヴールゼロです。シリコンはがっつり入っているので、シリコンが気になる人には微妙なところ。詳しくは専用ページを見てくださいね。

 



シャンプー総合ランキング 悩み別に選ぶ 30代におすすめ 40代におすすめ 50代におすすめ