ページTOPへ

残留アルカリ髪傷むパーマカラー

パーマ、カラー後の残留アルカリが髪を傷める元凶だった!

パーマ、カラー後の残留アルカリが髪を傷める元凶だった!

 

パーマ、カラーをしてると髪が傷むのは仕方ない・・・。

 

そうは言っても、パサついたり枝毛や切れ毛が多かったり・・・
キレイな状態が長持ちしないと悲しいですよね。

 

そんな、パーマやカラーをした後のダメージの原因に「残留アルカリ」というものがあるのはご存知ですか?

 

 

ここでは、その残留アルカリにたいしてどんなホームケアをしていけばいいのか、美容室を選ぶときにどうすればいいのか、わかりやすく解説していきますね。


 

残留アルカリって?

残留アルカリというのは、髪の内部に浸透してしまい除去できなくなったアルカリ剤のことです。アルカリ剤と言うのはパーマやカラーリングの際に使われる、液体に配合されているものです。

 

髪が健康であるほどキューティクルがしっかり閉じているため、カラーリングの色が浸透しにくく、パーマもかかりにくいです。反対に、傷んだ髪の方がパーマにかかる時間が短く、カラーリングしても色落ちがしにくく、染め時間も短くてすみます。

 

そのキューティクルを開かせ、髪の内部に薬液を浸透させる役割を担っているのがアルカリ剤です。主なアルカリ剤には、アンモニアや炭酸アンモニウム、炭酸ナトリウムやエタノールアミン類、アルギニンなどがあります。

 

アルカリが残ってるとなぜ髪が傷むの?

髪の毛は一般的には弱酸性です。ところがアルカリ性成分が付着し、pHがアルカリ性にかたむいた状態が続くと、髪は外からの刺激に対して弱くなり、ダメージを受けやすくなります。

 

また、キューティクルが開いたままということは、もともと内部に存在している栄養分や水分も外に逃げてしまうことになります。当然ハリやコシを失い、切れ毛や枝毛になりやすくなります。

 

カラーやパーマの後、髪がパサパサになり傷んでしまうのは、残留アルカリが原因かもしれません。

 

残留アルカリは頭皮にも悪影響

アルカリ剤が頭皮に残ってしまうと、頭皮にも悪影響があります。そのままでも肌に良くないうえに、頭皮の皮脂と混ざり合うと酸化物質になり、毛穴の奥の毛乳頭を傷つける可能性も。

 

そうなると、結果的に薄毛のリスクを引き起こす可能性があるのです。

 

残留アルカリはできるだけ除去するのが大切

自宅でできるカラーや白髪染めは、プロにやってもらうのと違って、どうしても薬剤が頭皮に残りやすくなります。

 

カラーリングは、できるだけ美容室でやってもらいましょう。頭皮ケアが気になる人は、頭皮に影響が出ない方法で染めてもらうのがおすすめです。頭皮に付かない方法で染めてくれたり、残留アルカリをカラーやパーマの後に除去してくれるサロンもあります。

 

実は、すべての美容室で残留アルカリを取り除いてくれるわけではないんです。HPや口コミなどをチェックして、残留アルカリをきちんと除去してくれるのかどうか下調べしてみましょう。

 

美容室やってもらうにせよ、自宅で行うにせよ、少なからず残留アルカリの影響の事は頭においておくのが大切です。


残留アルカリの対処法|自分でできることって?

 

アルカリ除去を行っていない美容室でカラーやパーマをしてもらった場合、自宅での白髪染めやカラーなどを行った場合に、どんな方法でアルカリ除去をしていけばよいのか?

 

解説していきますね。

 

髪に残っているアルカリを抜くには?

髪にダメージを与えるアルカリ剤が残っている間は、それを無害化するためには弱酸性のシャンプーを使うことです。

 

ご存知、アルカリ性の反対は酸性です。酸性を加えてあげると中和され、アルカリが抜けていきます。

 

髪を弱酸性に戻すバッファー剤

アルカリ剤を除去する方法として一番有効なのが、バッファー剤です。美容院でカラーリングした後、シャンプーの後に塗布することで、開いたキューティクルが閉じ、髪の中に浸透した成分を閉じ込めつつ外からのダメージから守ってくれます。

 

アルカリ性に傾いた髪を弱酸性に戻すことが出来るものとして酸リンスという方法もありますが、一時的に酸性に戻す効果はあるものの、すぐに戻ってしまい効果が持続しません。

 

その点、バッファー剤は効果が長く持続するため、パーマや染髪の後処理として一番有効と言えます。

 

バッファー剤は具体的にはこんなものがあります。

 

 

シャンプーも弱酸性のものがおすすめ

シャンプーにも酸性とアルカリ性のものがあります。

 

  • 弱アルカリ性・・・せっけんシャンプー
  • 弱酸性・・・硫酸系・アミノ酸系のシャンプー

 

せっけんシャンプーをパーマヘアに使うとごわつきが酷かったり、パーマが取れやすかったり。カラーヘアに使った場合も、色あせしやすい・パサつくなどの症状が出ます。
せっけんシャンプーがパーマやカラーをした髪と相性が悪いのはアルカリ性だからなんですね。

 

いっぽう、硫酸系とアミノ酸系は、「酸」が付くのでその名の通り「酸性」です。アルカリ性に傾いた髪を中和させてくれます。

 

もしバッファー剤が面倒だなーって時は、パーマやカラー後の髪を1週間ほど弱酸性のシャンプーで洗ってあげてください。徐々に残留アルカリが抜けていきます。

 

同じく弱酸性でも、硫酸系は洗浄力が強く刺激も強い洗浄成分。アミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

 

当サイトでは人気のアミノ酸シャンプーを紹介しています。
アミノ酸シャンプーランキングを見る人はこちら

 

トリートメントはアルカリ除去がすんでから

 

アルカリ除去期間で大事なのは、トリートメントなどで抜けていく残留アルカリをとどめてしまわないこと。トリートメントにはコンディショナーやリンスと違って髪の表面をコーティングする成分がしっかり配合されているからです。

 

通常のダメージケアではトリートメントはとっても有効ですが、パーマやカラー直後は控えましょう

 

残留アルカリを除去してから、トリートメントなどのケアを加えていくのが正しいホームケアです。



アミノ酸シャンプーの選び方 口コミ&成分解析 パサつき&乾燥対策 デジパを長持ちさせたい エイジングケアシャンプー