ページTOPへ

シャンプー シリコン 悪いデメリット

シャンプーのシリコンは悪?デメリットは?ノンシリコンというだけで選ぶと失敗する理由

シャンプーのシリコンは悪?デメリットは?ノンシリコンというだけで選ぶと失敗する理由

 

ドラッグストアのヘアケアコーナーはもちろん、ネット通販でも「ノンシリコン」は好感度の高いキャッチフレーズとしてガンガン使われています。

 

こうなると「ノンシリコン」こそが正義に思えてきてしまったりしませんか?

 

実はそうとも言い切れないんです。

 

ちょっと前までは「シリコンは悪い!」という説が主流でしたが、最近では「シリコン自体に害ははない。」という説に変わりつつあります。

 

でも、今だに

 

シリコンは悪い
ノンシリコンシャンプーとシリコン入りシャンプーの見分け方わからない
アミノ酸シャンプーならノンシリコンなの?

 

 

など、シリコンやシャンプーについて誤解していたり、何が何だかよくわからなかったりする人も少なくないようです。

 

そこで、ここでは、シリコンの性質や髪への影響、成分表示名など詳しく解説していこうと思います。

 

シリコンは入っていたほうがいいの?いないほうがいいの?よくわからないって人はチェックしてみてくださいね。


シリコンってそもそもなに?

シリコンの役割は、髪の指通りをよくするために油分でコーティングすること。シャンプーはもちろん、トリートメントやコンディショナー、アウトバストリートメントにも多く使われています。

 

正式な総称

シリコーン *酸素とケイ素由来の人工高分子化合物

表記名

ジメチコン・アモジメチコン・シクロペンタシロキサンなど

髪への効果

洗髪中の指通りをなめらかにしてくれたり、傷んだ部分をコーティングする効果がある。

安全性

高い。化学的に安定した物質でアレルギーを起こす可能性も低い。

デメリット

量が多く配合された商品を使った場合、髪や頭皮に残りやすく、「パーマがかかりにくい」「カラーが入りにくい」「地肌が痒い」などのトラブルが起きたりする。

 

 

シリコンは髪を保護するのが目的なので、ダメージケアが目的のシャンプー、コンディショナーやトリートメントに多く含まれます。

 

普通はシャンプーに配合されるような量のシリコンなら、頭皮にとっても髪にとっても悪い影響はありません。

 

ただし、一時期流行った市販シャンプーの一部に、シリコンが入りすぎている商品があったようです。サロンの美容師さんの間でも「◯◯◯を使っている人の髪はパーマ・カラーが入りにくい」と有名だったとか。

 

具体的な商品名は出せませんが、洗浄成分が「硫酸系」のシャンプーにそういうものが多いようです。洗浄力が強い硫酸系は、シリコンで髪を保護しないと洗髪中のダメージが酷くなります。
(参考記事:シャンプーの洗浄成分ってどんな種類がある?

 

また、シリコンを多く配合することでツヤ感をアップし、さもそのシャンプーシリーズを使うと髪がキレイになったかのような錯覚をおこすのだとか。

 

いっぽう、アミノ酸系のような洗浄力が穏やかなシャンプーは、シリコンが入っていない商品も多いのですが、洗髪中の摩擦が少ないので、入っていたとしても少量で済むようです。

 

 

シリコンに関する間違った認識

シリコン入りを使っていると健康な髪になれない

 

健康な髪かどうかは、ダメージや、栄養不足による細毛・ハリコシ不足の無い髪であるかどうかが判断の分かれ道。

 

ダメージ髪、細毛・ハリコシ不足の髪は、髪の内部にアプローチする補修・保湿成分が必要です。

 

この補修保湿成分を髪の内部に届けるのに、シリコンで表面を保護してある髪だと髪の内部に届きにくいです。ただし、それはシリコン自体の配合量にもよりますし、もともと健康な髪の人がシリコン入りを使ったからと言って、髪の健康が損なわれるという訳ではないです。

 

また、髪の内部に補修保湿成分を届けた後は、シリコンにしろ、他のコーティング成分にしろ、表面を保護するための成分も必要。お肌に化粧水や美容液を付けた後にクリームで「蓋」をするのと似てますね。この「蓋」の役割を髪で果たすのがシリコンやコーティング成分なんです。

 

問題は、その髪の表面を保護したシリコンが蓄積し続けるほどの量であること。がっちりコーティングして洗髪しても落ちない量だと、補修保湿成分が入り込む隙間が無くなってしまうんです。

 

とはいえ、シリコンの配合量がどのくらいか?なんて一般ユーザーにはわかりにくい。

 

で、どうすれば?というと、上の項でも書きましたが、シリコン入りすぎの商品は「洗浄力の強い硫酸系シャンプーに多い。」という点。

 

洗浄力の穏やかなアミノ酸シャンプーなら、シリコン入りでも悪影響があるほどの量は配合されていません

 

という訳で、シリコンの蓄積が心配ならアミノ酸シャンプーを選べば大丈夫です(*^^)v

 

シリコンは毛穴に詰まる

シリコンは網目状の物質で、毛穴に入り込むような分子構造ではありません。なので、頭皮の毛穴に詰まることはありません。

 

毛穴には詰まりませんが、すすぎ残しがあるとかぶれやかゆみの原因になり、頭皮にとっては良くありません。

 

そもそも、シリコンの有無にかかわらず、シャンプーを頭皮に残さないようによくすすぐのが鉄則です。

 

育毛ケアをしている人はもちろん、何でもない人でもシャンプー後のすすぎは丁寧に行いましょう。

 

コンディショナーやトリートメントには、毛髪を保護する役目があるので、シャンプーよりもシリコンが多く入っています。頭皮にゴシゴシつけたりしないようにしましょう。

 

洗髪後に使うアウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)もまた、頭皮にはつけたりしないよう注意です。

 

通常のアミノ酸シャンプーに配合されている量のシリコンで神経質になる必要はありません。

 

ただ、「薄毛が悩み」「頭皮ケアのためにどうしてもシリコンが気になる」などなど、頭皮に残りやすい成分がないものを選んだほうがベターな人はノンシリコンにこだわるのもアリです。

 

 

 

 

結局シリコンは気にした方がいいの?

「シリコンて結局入ってたほうがいいの?悪いの?」なんて、シリコン入りのシャンプーをどう捉えればいいのか、わからなくなっている人も多いと思います。

 

シャンプーの質は、シリコンの有無ではなく、洗浄成分の質と全体のバランスで決まります

 

世間のノンシリコン推しを見ているとノンシリコンなら全部良いような錯覚に陥ってしまいますが、洗浄成分が硫酸系の刺激の強い種類なのにノンシリコンというような、使うのが恐ろしくなるような配合の商品もありますので・・

 

結局シリコンはどうすればいいの?という疑問に対して、ポイントをまとめてみたのが以下です。

 

  • シリコンは有害ではないが頭皮についたシャンプー・コンディショナーはきちんと洗い流そう
  • 硫酸系シャンプーのノンシリコンは×
  • アミノ酸系シャンプーのノンシリコンは○
  • シリコン入りのシャンプーはダメージヘアの人におすすめ
  • 頭皮ケアが気になるならノンシリコンのほうがベター

 

ノンシリコンだから必ずしも「安全である」とは言えないし、洗浄成分がアミノ酸であれば何でもOKというわけではありません。自分の髪にあったトータルバランスの良いシャンプーを選ぶのが大切です。

 

そうなるとますますどのシャンプーが良いのかわからなくなっちゃいませんか?

 

当サイトでは、シリコン入り無しにかかわらず、配合してある成分でお悩み別に適したものをランキング形式で紹介しています。
悩み別ランキングはこちらから見ることができます。

 

最後に、当サイト紹介のシャンプーで、シリコン入りorノンシリコンの商品を簡単に紹介します。

 

シャンプー、コンディショナーともにノンシリコン

ハーブガーデンシャンプーチャップアップシャンプーZACCパールリッチシャンプーザミルズアスタリフトモーガンズ守り髪凜恋髪美力アロマキフィハリコシ28
haru 黒髪スカルププロ(シャンプーのみの商品)きのねシャンプー

シャンプーのみノンシリコン

ラフィーエンハーブ

シャンプーもコンディショナーもシリコン入り

リマーユ

 

関連記事

ノンシリコンのアミノ酸シャンプーおすすめ【厳選4つ】

 

シリコン入りのアミノ酸シャンプーを探している人へ|解決法2つ

 

 



アミノ酸シャンプーの選び方 口コミ&成分解析 パサつき&乾燥対策 デジパを長持ちさせたい エイジングケアシャンプー