ページTOPへ

シャンプー 洗浄成分 安全

シャンプーの洗浄成分は天然が安全?石油由来はゼロがいいの?

シャンプーの洗浄成分は石油0(ゼロ)がいい!?天然由来なら安全?

最近店頭でも見かけるようになった「石油由来成分不使用」のシャンプーやハンドソープ、ボディソープなど。

 

◯◯サボンのように、石油ではなく石鹸由来の洗浄成分であることを全面に押してアピールしているシリーズも増えてきていますよね。

 

「石油系界面活性剤0」「植物性原料」などのキャッチフレーズを見ていると、いつのまにか「石油系は危険」「せっけんは安全」みたいに思い込んでしまってはいませんか?

 

アミノ酸系や石鹸系の洗浄成分のほうが石油由来の硫酸系洗浄成分より安全性が高いのは事実ですが、硫酸系が「石油由来だから危険」というわけではないんです。

 

実は石油は天然資源

石油は天然の原油から作られており、紛れも無い「天然成分」です。

 

石油由来成分が天然ではないから危険、という宣伝文句でせっけん系の商品を押しているケースもありますが、それには最初から矛盾があります。

 

石油由来のスキンケア用品「ワセリン」

ドラッグストア等でボトル入りのワセリンを見たことがある人も多いと思います。お値段もとっても手頃ですよね。

 

ワセリンは、石油を高純度に精製し作られたスキンケアクリームです。肌に優しく赤ちゃんからお年寄りまで安心して使えるます。

 

最近知られるようになってきた、湿潤療法での傷の治療にも使われているくらい安全性の高いクリームです。石油由来でも安全性が高いものの代表みたいなものですね。

 

硫酸系洗浄成分は石油由来だから悪いんじゃないの?

刺激が強く、脱脂力のある硫酸系洗浄成分は石油由来。だけど、同じ石油由来でも刺激が弱めだけど泡立ちの良い、スルホコハク酸系の洗浄成分もあります。

 

(参考記事:シャンプーの洗浄成分ってどんな種類がある?

 

石油由来、という点では同じですが、はスルコハク酸系の洗浄成分は皮膚刺激はマイルドです。「石油由来は何でもダメ!」と思っている人にとっては意外かもしれませんね。

 

硫酸系洗浄成分がおすすめじゃないのは「石油由来だから」ではなく、「洗浄力が強すぎる」という理由です。

 

石油由来は安全なの?

石油由来成分も種類や配合量で、安全にも皮膚刺激多めにもなるので一概にどうととは言えません。

 

石油をどのように精製してどんな成分になり、どんな濃度で配合されているか?によって変わります。

 

なので、単純に「石油由来は危険で天然成分は安全」とは断定できません。

 

食物アレルギーの人が存在するのと同様、天然成分が肌に合わない人が一定数いるので、必ずしも安全とは言い切れないからです。

 


シャンプーの石油由来成分、気をつける点は?

石油由来の成分で注意したいのは「硫酸系(ラウリル硫酸・ラウレス硫酸)」です。洗浄力が強いので、肌への刺激が心配な成分です。

 

成分表示を見て、これらの成分が水の次に来ていないかチェックしてみましょう。

 

硫酸系の洗浄成分が多く使われているのは「原料の価格が安い」という理由から。シャンプーの成分中、水の次にくる3つくらいまでに硫酸系の表記があれば、「コスト削減を重視した配合」と言わざるを得ません。

 

肌に優しいシャンプーを選ぶためには

 

大切なのは石油由来か天然由来かではなく、肌や髪への刺激の少ない洗浄成分か?自分の髪と地肌にあっているか?です。

 

そうは言っても、なんとなくイメージや好みで「天然成分のみ」のシャンプーがいい!って人も少なくないんですけどね。実は管理人も天然成分が大好きです(笑)

 

このサイトでは、安全性の高いアミノ酸系洗浄成分のシャンプーを中心に紹介しています。必然的に天然成分の商品が多くなっていますが、売れているのはやはり「天然成分」を多く使っているものです。

 

髪のお悩み別、目的別記事のアミノ酸シャンプーの紹介もしているので、ぜひ見ていってくださいね☆

 

 



アミノ酸シャンプーの選び方 口コミ&成分解析 パサつき&乾燥対策 デジパを長持ちさせたい エイジングケアシャンプー