ページTOPへ

ベタイン系 界面活性剤 アミノ酸系 違い 毒性

ベタイン系界面活性剤って?|アミノ酸系との違いや毒性などをチェック!

ベタイン系界面活性剤って?|アミノ酸系との違いや毒性などをチェック!

アミノ酸シャンプーの洗浄成分をチェックしていると、ほぼ必ずと言っていいほどベタイン系界面活性剤が一緒に配合されています。

 

アミノ酸系だけではなく、硫酸系のシャンプーにも配合されていることの多いベタイン系の界面活性剤。どんな成分なんでしょう?

 

ベタイン系界面活性剤って?

 

ベタイン系界面活性剤は、砂糖大根由来の成分です。保湿力が高く、目に沁みにくいのでベビーシャンプーの洗浄成分に採用されています。

 

安全性も高く、髪に対する柔軟効果があるのも特徴。

 

ベタイン系の洗浄成分は次のような表記で記載されています。

 

  • コカミドプロピルベタイン
  • ラウラミドプロピルベタイン
  • ココアンホ酢酸Na
  • パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン
  • ラウリルベタイン

 

アミノ酸系との違いは?

 

ベタイン自体が植物由来のアミノ酸ではありますが、界面活性剤の種類としては別物であるとされています。

 

消費者側としては、どちらも安全性が高く低刺激なので、それほど厳密に区別して判別しなくても問題はないでしょう。

 

ベタイン系界面活性剤の毒性って?

 

ベタイン系界面活性剤は、非常に低刺激で安全性の高い成分です。

 

そのうえ、保湿力・柔軟性に優れているので敏感肌用、ベビー用には必ずと言っていいほど配合されています。

 

ベタイン系は他の洗浄成分の補助役であることが多い

ベタイン系の洗浄成分が主な洗浄成分として配合されているのは、ベビーシャンプーや敏感肌用のシャンプーによく見られます。また、アミノ酸系のシャンプーにもアミノ酸系の洗浄成分に次ぐような順番で配合されていたりします。

 

ベタイン系洗浄成分は、他の洗浄成分と組み合わせて配合されることが多いです。他の成分の刺激性を緩和する効果もあるので、硫酸系などの洗浄成分の補助的な位置に入っていたりします。

 

アミノ酸系のシャンプーにも多く採用されていますが、どちらも保湿力があり安全性も高い洗浄成分です。

 

アミノ酸系の中には原価の高い成分もあるので、ベタイン系を配合することで価格を抑えることもできます。

 

低刺激なシャンプーを探している人におすすめのシャンプーって?

 

ベタイン系が主要洗浄成分のシャンプーは、上記でも説明したようにベビーシャンプーのような商品になります。

 

大人でも一応使えはするのですが、やはり洗浄力がちょっと足りなかったり、頭皮に優しくても大人の髪に使うにはそぐわなかったりします。

 

当サイトでは、敏感肌の方におすすめのシャンプーもランキング形式で紹介しています。ベタイン系とアミノ酸系が混合のタイプが多いです。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

敏感肌におすすめのシャンプーランキング



アミノ酸シャンプーの選び方 口コミ&成分解析 パサつき&乾燥対策 デジパを長持ちさせたい エイジングケアシャンプー