ページTOPへ

ボタニカルシャンプー おすすめ 口コミ 解析

ボタニカルシャンプーのおすすめと口コミ・解析から見るベストな選び方

ボタニカルシャンプーのおすすめと口コミ・解析から見るベストな選び方

 

いまちょっとしたブームの「ボタニカル」

 

ファッションやインテリア、スキンケアなど幅広い分野に浸透してきていますが、もちろんヘアケアにもボタニカルブームが。

 

いち早く「ボタニスト」が販売開始されたわけですが、それ以降続々と「ボタニカルシャンプー」が出てきています。

 

そもそもボタニカルってなあに?
どのボタニカルシャンプーが良いの?

 

疑問点など解説&商品紹介までしていきますね♪


 

 

 

ボタニカルとは?正しい意味ってわかる?

 

「ボタニカル」というのは、そもそもどんな意味なんでしょう?

 

ボタニカルというのは英語で、「植物の」「植物性の」という意味です。

 

ちなみに、植物由来と天然由来は似ているけど違います。「天然」には、植物だけではなく動物・鉱物も含まれるからです。

 

「ボタニカル」の定義は、実はあいまいに使われている

 

というわけで「ボタニカルシャンプー」というと、植物由来の原料を使用したシャンプーという意味になります。

 

それなら、「ボタニカルシャンプー」とうたっている商品の成分ってぜんぶ植物由来なの?というと実際は違うケースがほとんどです。

 

植物由来原料が100%の商品もあれば、植物以外、動物や鉱物、合成の物質など他の原料も配合してあるものもあります。

 

「ボタニカル」自体に厳格な定義や決まりはなく、ほとんどは「イメージ」や「雰囲気」で言ってるだけなんですね。

 

でもこれは仕方のないことです(笑)イメージが良いにこしたことはありませんから・・。

 

ボタニカルシャンプーに関する疑問

 

ボタニカルシャンプーは全部「優しい」の?

 

「ボタニカル(植物の)」という言葉のイメージから、ボタニカルシャンプーは全部肌にも髪にも環境にも優しく無添加!なーんて誤解を招きがちですが、原料に植物由来のものを使っている点とは関連性はありません。

 

「ボタニカルシャンプー」と言って売られているシャンプーにも、成分をチェックすると刺激が強い洗浄成分が使われているケースも

 

植物由来の原料さえ配合していれば「ボタニカル」と言えてしまう現状から、こんな商品も少なくないんですね。「優しい」ボタニカルシャンプーを選ぶなら、何を使っているかではなく「何を使っていないか」のほうが重要です。

 

ボタニカルシャンプーは全部サルフェートフリーなの?

 

サルフェートフリーというのは「硫酸系洗浄成分不使用」のこと。

 

硫酸系洗浄成分は、洗浄力が強く脱脂力の高い成分。一般的なシャンプーに多く使用されていますが、敏感肌、乾燥肌の人、育毛ケアをしたい人は避けたほうが無難な成分です。

 

ボタニカルシャンプーであっても、植物性原料を配合して洗浄成分は硫酸系のものもあります。なので、「サルフェートフリー」と書いていなければ必ずしも硫酸系不使用という訳ではないです。

 

また、サルフェートフリー(硫酸系が不使用)でも硫酸系に近い洗浄力のある洗浄成分が代わりに配合されているケースがあります。

 

ボタニカルシャンプーはノンシリコンなの?

 

100%植物由来の原料ではなくても「ボタニカル」と言えてしまう現状から、ボタニカルシャンプーでもノンシリコンとは限りません

 

ボタニカルシャンプーとオーガニックシャンプーの違いは?

 

ボタニカル(植物性)シャンプーの中でも「オーガニック」は、原料の植物を農薬や化学肥料を使わずに有機農業で作られたものを使用しているということです。

 

同じ植物でもオーガニックのほうは、より厳選されているということになります。

 

ただし、原料がすべて「オーガニック」であるケースはほとんどなく、またオーガニック自体も「自己申告」の場合が多いです。もちろん、中にはきちんと「認証」を受けたオーガニック原料を使っている商品もあります。

 

が、消費者側でそこまでオーガニックにこだわる人は少数派です。

 

ボタニカルシャンプーは、使いたい目的を考えて選ぶと〇

 

では、ボタニカルシャンプーはどう選べばいい?どれがおすすめなの?と考えると、「ボタニカル」に何をイメージして使いたいと思ったのかが大切。

 

  • 肌と髪に優しそう
  • 良い香りがしそう
  • 髪や体に害のあるものを使いたくない

 

こんなイメージでしょうか?

 

ボタニカルシャンプーを選ぶ際に、「優しさ」「安全性」「香り」などを重要視して選ぶとするとどうすればいいのか?

 

次の項から種類の分け方、成分解析を交えた商品紹介もしていきますね。

 

ボタニカル系シャンプーの目的別選び方

ボタニカルシャンプーというと、目につく回数の多さから、「ボタニスト」が真っ先に思い浮かびますが、実はたくさんの商品が販売されています。

 

市販から通販まで、お値段も色々ありますが、質の良さで選ぶならやはり洗浄成分を一番重要視します。

 

質重視なら洗浄成分は必ずチェック

「ボタニカル」と言えてしまうために、植物由来ですが洗浄力強めの「オレフィン系」や「スルホコハク酸系」が主要洗浄成分のボタニカルシャンプーも多いのですが、優しさと品質を一番に考えるなら「アミノ酸系洗浄成分」が主なのボタニカルシャンプーを選びましょう。

 

コスパ重視なら市販のボタニカルシャンプー

洗浄力は強めでもいいので植物性の原料で安全性の高いものがいいって場合には、コスパの良い市販のボタニカルシャンプーがおすすめ。

 

主要洗浄成分に「オレフィン系」や「石鹸系」を使用してコストを下げているので買いやすいです。

 

口コミもチェックする

「植物性」「サルフェートフリー」「ノンシリコン」など、うたい文句にできるスペックにばかり寄ってしまうと、肝心の仕上がりや使用感がいまいちのシャンプーも少なくありません。

 

使ってみた人の口コミもチェックして、使い心地はどうなのか?仕上がりは良かったのか?リアルな声をチェックしてみましょう。

 

 

次からは、簡単な成分解析も加えた具体的な商品を紹介していきますね。

 


アミノ酸系洗浄成分のボタニカルシャンプー6選

 

エンハーブ

ハーブガーデン

チャップアップ

容量と値段(税別)

*定期便

シャンプー:250ml
コンディショナー:300ml

3,600円

シャンプー:300ml
コンディショナー:300ml

4,000円

シャンプー:300ml
トリートメント:200g

5,537円

10mlあたり(税別)

72円

67円

111円

洗浄成分

アミノ酸系

ベタイン系

アミノ酸系

ベタイン系

アミノ酸系

ベタイン系

頭皮ケア成分

各種ハーブエキス

生姜根エキス

★★★★☆

各種ハーブエキス

フルボ酸

★★★★★

各種ハーブエキス

 

★★★☆☆

毛髪ケア成分

メドウフォーム-δ-ラクトン

シア脂等

★★★★☆

γ―ドコサ ラクトン

加水エンドウたんぱく等

★★★★☆

γ―ドコサ ラクトン

シア脂等

★★★★★

仕上がりの手触り

サラサラ

しっとり

ツルツル

ツヤ感

★★★★☆

★★★★☆

★★★★★

香りの強さ

強め(アロマ系)

弱め(ハーブ系)

普通(フルーティ)

シリコン

シャンプーのみノンシリコン

シャンプー、コンディショナーともにノンシリコン

シャンプー、コンディショナーともにノンシリコン

当サイトの総合評価

A+

総合4位

S+

総合1位

A+

総合3位

 

 

haru黒髪スカルププロ

 

ドットエヌ

 

ザミルズ

容量と値段(税別)

*定期便

シャンプー:400ml

2,880円

シャンプー:300ml
トリートメント:300ml

3,600

シャンプー:250ml
コンディショナー:250g

4,980円

10mlあたり(税別)

72円

60円

99円

洗浄成分

アミノ酸系・ベタイン系

アミノ酸系・ベタイン系

アミノ酸系・ベタイン系

頭皮ケア成分

キャピキシル

植物エキス等

★★★★★

桑白皮エキス

植物エキス等

★★★★☆

各種生薬エキス

 

★★★☆☆

毛髪ケア成分

加水分解ケラチン

ヘマチン

★★★★★

アルガンオイル等

★★★☆☆

植物オイル等

★★★☆☆

仕上がりの手触り

サラサラ

しっとり

しなやか

ツヤ感

★★★★☆

★★★★☆

★★★★☆

香りの強さ

弱め(アロマ系)

強め(ハーブ系)

普通(柑橘系)

シリコン

ノンシリコン

シャンプー、トリートメントともにノンシリコン

シャンプー、コンディショナーともにノンシリコン

当サイトの総合評価

S

総合2位

B+

総合10位

B+

総合9位

 

ここで紹介したのは、ボタニカル(植物由来)原料なのに加え、主要洗浄成分がアミノ酸系のシャンプーです。

 

洗浄成分も優しく、天然・植物由来の頭皮ケア成分・毛髪補修成分なども配合された優れもののボタニカルシャンプー。

 

コストは高めですが質重視の人におすすめ。


市販のボタニカルシャンプー

 

ボタニスト(スムース)

モイストダイアン

うるおって

容量と値段(税込)

シャンプー:490ml
トリートメント:490ml

3,024円

シャンプー:480ml
トリートメント:480ml

1,994円

シャンプー:260ml

 

2,592円

10mlあたり(税別)

31円

21円

99円

洗浄成分

アミノ酸系・ベタイン系

酸性石鹸系

スルホコハク酸・ベタイン系

アミノ酸系・ベタイン系

頭皮ケア成分

グリチルリチン酸2K

セラミド2

★★★★☆

植物エキス等

★★☆☆☆

グリチルリチン酸2K

植物エキス

ホホバオイル

★★★★★

毛髪ケア成分

加水分解ヒアルロン酸

加水分解コラーゲン

★★★☆☆

 

植物エキス等

★★☆☆☆

植物オイル等

★★★☆☆

仕上がりの手触り

サラサラ

しっとり

しなやか

ツヤ感

★★★☆☆

★★★☆☆

★★★★☆

香りの強さ

強め(フルーティ系)

強め(フローラル系)

無香料

シリコン

シャンプーのみノンシリコン

シャンプーのみノンシリコン

ノンシリコン

当サイトの評価

C

C

B

市販部門1位

 

凜恋

 

ラックスルミニークボタニカル

ネイチャー&コー

容量と値段(税込)

シャンプー:490ml
トリートメント:490ml

3,024円

シャンプー:480ml
トリートメント:480ml

1,994円

シャンプー:500ml
コンディショナー:500ml

4,400円

10mlあたり(税別)

31円

21円

44円

洗浄成分

ベタイン系

アミノ酸系

硫酸系

ベタイン系

オレフィン系

ベタイン系

頭皮ケア成分

植物エキス等

★★★☆☆

植物エキス等

★☆☆☆☆

植物エキス等

★★☆☆☆

毛髪ケア成分

植物エキス

植物オイル

★★★☆☆

アルガンオイル

植物エキス等

★★★☆☆

植物オイル等

★★★☆☆

仕上がりの手触り

なめらか

しっとり

サラサラ

ツヤ感

★★★★☆

★★★☆☆

★★☆☆☆

香りの強さ

普通(アロマ系)

強め(アロマ系)

普通(アロマ)

シリコン

ノンシリコン

シャンプーのみノンシリコン

ノンシリコン

当サイトの評価

B

市販部門2位

D

C

 

コーセービオリス

ダイアンボヌール

パブリックオーガニック

容量と値段(税込)

シャンプー:480ml
トリートメント:480ml

1,480円

シャンプー:500ml
トリートメント:500ml

2,800円

シャンプー:500ml
コンディショナー:500ml

2,088円

10mlあたり(税別)

15円

28円

20円

洗浄成分

スルホコハク酸系

ベタイン系

アミノ酸系

硫酸系

 

スルホコハク酸系

ベタイン系

アミノ酸系

 

ベタイン系

アミノ酸系

頭皮ケア成分

植物エキス等

★★☆☆☆

植物エキス等

★☆☆☆☆

アロエベラ液汁

植物エキス等

★★★★☆

毛髪ケア成分

植物エキス

植物オイル

★★☆☆☆

γ‐ドコサラクトン

植物エキス等

★★★☆☆

植物オイル等

★★★☆☆

仕上がりの手触り

つるつる

しっとり

サラサラ

ツヤ感

★★★★☆

★★★☆☆

★★☆☆☆

香りの強さ

普通(フルーツ系)

普通(フローラル系)

普通(アロマ)

シリコン

シャンプーのみノンシリコン

シャンプーのみノンシリコン

ノンシリコン

当サイトの評価

D

C

C

 

 

 

 

ここで紹介したのは、市販のボタニカルシャンプー。

 

主要洗浄成分がアミノ酸系のものもあれば、オレフィン系やスルホコハク酸系、硫酸系のものもあります。

 

中でも硫酸系は洗浄力が強く、脱脂力高めなので、乾燥肌の人は注意してくださいね。

 

頭皮ケア成分や毛髪補修成分などに高品質成分を配合している商品はあまりありませんが、コスト面の負担が軽いのが魅力です。


 

 

アミノ酸シャンプーランキング【総合】へ戻る


アミノ酸シャンプーの選び方 口コミ&成分解析 パサつき&乾燥対策 デジパを長持ちさせたい エイジングケアシャンプー