ページTOPへ

髪 傷む 塩素 カルシウム 水道水

パサつき・ごわつきの原因、水道水の塩素とカルシウムから髪を守る方法って?

パサつき・ごわつきの原因、水道水の塩素とカルシウムから髪を守る方法って?

 

髪を洗う時は、どうしてもシャワーから出たての水道水をそのまま使う人が多いですよね。

 

水道水にはもちろん、色々な物質が混ざっているので純水ではありません。よく知られれて代表的なのは、「カルキ」と呼ばれる塩素類です。塩素が髪のダメージになるかは、塩素濃度によります。

 

塩素は水の殺菌が目的で添加されています。浄化元の水が汚れているほど、殺菌消毒剤の濃度も濃くなります。塩素は高濃度になると健康被害の心配も出てくる成分ですが、通常の生活水でそこまでの塩素濃度が出ることはまずありません。

 

ただし、健康被害が出ないレベルの、美容上の問題となるとまた話が違います。水道水中の塩素は、少なからず肌や髪への影響があります。

 

髪に関してだと、保湿力の低下や、ダメージ、頭皮にも炎症、かゆみやフケなどの原因になってしまう成分なのです。

 

その他、塩素の他に髪への影響がある成分がまだあります。カルシウム(Ca)、ナトリウム(Na)、カリウム(K)、マグネシウム(Mg)などのミネラル類です。ミネラルは口から摂取する栄養分としては必要なものですが、髪に吸着するときしやパサつきの原因になります。

 

またまれに、水道管の経年劣化で鉛が溶け出している。なんてこともあります。

 

中には浄水シャワーヘッドを付けている人もいるかもしれませんが、それでもすべてのの良くない成分を防ぐことは難しいんです。

 


塩素が髪のダメージになってしまう理由と防ぐ方法って?

塩素は、日本国内ならどこの家庭でも、蛇口をひねると出てくる水に含まれています。料理やお風呂にといつも生活に使う水に含まれているので避けることはできません。

 

口から飲む分には影響がなく、むしろ安全性のために添加されている塩素ではありますが、たんぱく質を酸化させる力があるので、肌や髪にとってはあまり良くない成分であります。

 

塩素が肌や髪のダメージにつながるということは知っている人も多いですよね。プールの水も塩素で殺菌消毒しているので、プールに入った後の体にはさらに多くの塩素が付着しています。

 

塩素が髪に与える影響は?

塩素が髪にどんな影響があるか具体的に言うと、髪の表面のキューティクルをもろくしてしまう作用があります。キューティクルが壊れると、髪の中の栄養分や保湿成分が外に流出してしまい、乾燥してパサついてしまいます。

 

また、カラーヘアも色あせやすくなります。カラーをした後の髪はただでさえもろいのですが、キューティクルが剥がれると中までしみこませた色素が流れ出てしまい、褪色のスピードがアップしてしまいます。

 

頭皮にも当然影響があります。塩素が皮脂を破壊してしまうので、乾燥し、頭皮の痒みやフケなどの原因となります。消毒力が強いので、頭皮に必要な菌まで殺菌してしまいます。また、頭皮環境が悪化する事で抜け毛の原因にもなります。

 

もちろん、あっという間に悪影響が出るほどの塩素はもとから水道水にはいっていないので、普通の人が水道水のシャワーを浴び続けても大きな問題にはなりません。

 

ただし、敏感肌や加齢での肌や髪のトラブルに悩んでいる人なら、水道水の塩素の影響も頭に入れておく必要があります。

 

塩素からのダメージを避けるには?

塩素が問題になるのは、蛇口からでた水(お湯)を直接浴びるときだけです。

 

実は塩素は汲んでから時間を置くと勝手に抜けます。また、有機物に接触すると反応がなくなる性質があるので、有機物であるプラスチックや木製の浴槽にくんだお湯は安心です(ステンレス製は注意)

 

そうなると、塩素の影響が一番大きいのは、シャワーで髪を洗っているときではないでしょうか?その時、塩素からできるだけ髪と肌を守るにはどうすればよいでしょう?

 

実は塩素をカットする方法は簡単です。既に取り入れている人も多いかもしれませんが、シャワーヘッドに付けるタイプの浄水器がたくさん販売されています。

 

塩素除去のシャワーヘッドを選ぶポイント

塩素除去ができるシャワーヘッドには、活性炭で除去するタイプ、ビタミンC(L-アスコルビン酸)や亜硫酸カルシウムで除去するタイプがあります。

 

また、浄水と原水が切り替えできるタイプとできないタイプがあるのですが、これは掃除にも使うことを考えると「切り替えタイプ」一択です。

 

大手メーカーの製品なら、塩素除去率などに大きな差はないので、使いやすさや見た目で選ぶと良いかもしれません。

 

口コミで評判が良いのは、大きめのシャワーヘッドであること、女性なら重すぎないこと、カートリッジの交換頻度や価格に負担がないものでした。

 

口コミ評判が良く使いやすい浄水シャワーヘッドはこちらの2つでした。

 

カルシウムイオンがごわつきの原因の理由と除去する方法

 

わたしたちの体にとってなくてはならない大切な栄養素の一つであるミネラル。ところが、栄養分としての摂取と、外部からの刺激物としては、体への影響はまったく違ってきます。

 

毛髪はケラチンというたんぱく質でできていますが、健康で美しい髪であるためには、カルシウムなどのミネラルも重要です。ミネラルが不足すると栄養不足になり、毛が抜けやすくなったりして薄毛の原因となることもあります。

 

そのいっぽうで、水道水や自然水などに混入した金属(ミネラル)イオンは、髪にくっつくとツヤがなくなり、きしみやごわつきの原因になることが分かっています。ただし、かなりの量が混入されていなければこれも大きな問題はなく、普段のシャワーで髪質が劣化する心配はほとんどありません。

 

水に金属イオンがたくさん含まれるのは、硬水の地域です。日本はほぼ全国的に「軟水」なので、日本に住んでいればまず金属イオンの影響を過剰に心配する必要はありません。

 

ダメージ毛はカルシウムイオンが付きやすい

ただし、気を付けなくてはいけないのは、髪が傷んでいたり弱ったりしている人です。

 

水に含まれる金属イオンには、カリウムやマグネシウム、銅、亜鉛など色々ありますが、髪にダメージ部分があると、そこに金属イオン中のカルシウムイオンが付着してしまうことがわかっています。

 

カルシウムが髪にくっつくと、髪の手触りが悪くなり、ツヤも失ってしまいます。

 

カルシウムイオンを除去するには?

 

金属イオンは浄水器などで除去できないので、髪にくっついたものを取り除く作業が必要です。

 

ホームケアでは使い勝手の良いものが販売されておらず、自分でケアするのはちょっと難しいかもしれません。

 

カルシウム除去のメニューがある美容室でケアしてもらうのがおすすめです。カルシウムイオン除去効果のあるトリートメントでケアしてくれます。

 

カルシウムイオン除去後の髪は、柔らかくしなやかな手触りに!

 

ホットペッパービューティーとかで「カルシウムイオン除去」で検索するとヒットするので、近くのサロンを探してみてくださいね☆

 



 



アミノ酸シャンプーの選び方 口コミ&成分解析 パサつき&乾燥対策 デジパを長持ちさせたい エイジングケアシャンプー