ページTOPへ

縮毛矯正 シャンプー おすすめ

縮毛矯正後におすすめのシャンプーは?補修効果の&アミノ酸系ならこれ!

縮毛矯正後におすすめのシャンプーは?補修効果の&アミノ酸系ならこれ!

縮毛矯正は髪にとってダメージが大きい

 

縮毛矯正は薬剤をつけ、熱でストレートを髪に記憶させることで、半永久的にストレートヘアにする施術です。

 

髪の内部のシスチン結合を薬剤の力で無理やり解き、熱を加えてストレートに。その後再び薬剤の力でまっすぐに固定します。

 

薬剤を2回つけること、ヘアアイロンで髪に熱を加えることで、髪にはかなりの負担がかかります。

 

縮毛矯正後のシャンプーは「ダメージヘアケア」に特化したものを選ぼう

縮毛矯正は髪にかかる負担が通常のパーマよりも大きいです。時間がたつにつれ手ざわりも悪くなり、見ためにも傷んできて、気になってきますよね。

 

縮毛矯正をかけたら、普段使うヘアケア用品は、髪のダメージを防ぎ補修保湿してくれるものを選びましょう。

 

縮毛矯正後はどんなシャンプーがおすすめ?

アミノ酸系が主要洗浄成分のシャンプー

硫酸系やせっけん系の洗浄成分に比べ、マイルドで刺激の少ないアミノ酸系のシャンプーがおすすめ!傷んで乾燥しがちな髪もしっとり洗いあげてくれます。

 

アミノ酸系ならなんでもというわけではなく、「ダメージヘア用」のものを選ぶようにしましょう。

 

補修成分が配合されているもの

 

内部からのダメージで乾燥しやすく、毛先が傷みがちなのが縮毛矯正後の髪。

 

普段からのヘアケアで髪に潤いを与え、補修成分が配合されているシャンプー&コンディショナー(トリートメント)を選びましょう。

 

洗髪中にきしまないもの

 

流行りのノンシリコンシャンプーの中には、きしみが酷く指通りの悪いものも。きしみは縮毛矯正後のダメージを加速させるので避けたいものです。

 

過度なシリコン入りは髪をコーティングしてしまい、髪の補修成分が内部まで行き渡らないケースも。

 

ノンシリコンなら成分の質が良くきしまないものを。シリコン入りなら大量に配合されていないものを選びましょう。

 

縮毛矯正後におすすめ。成分をチェックして厳選したアミノ酸シャンプーの紹介

 

当サイト管理人が成分解析をして、洗浄成分とダメージケア成分をチェックしたうえで、おすすめシャンプーをランキングで紹介しているページがこちらです。

 

ぜひチェックしてみてくださいね。
              ↓↓
ダメージヘアにおすすめのアミノ酸シャンプー


縮毛矯正後にやってはいけないこと

 

縮毛矯正をかけた当日のシャンプー

 

ネットのうわさでは「当日にシャンプーしても大丈夫」なんて話もあるようですが、本来は薬剤がたくさん髪に残っている24時間はとってもデリケート。

 

傷んだりストレートが弱まったりしないよう、シャンプーというか髪を濡らさないほうがよいのです。

 

とはいえ、季節によっては汗をかいたり汚れやすかったりします。夕方に美容院を出て、次の日の朝にシャワー&シャンプーをということもあるでしょう。

 

なので、最低でもその当日の夜のシャンプーを避けましょうということになっています。

 

きつく結ぶこと

 

縮毛矯正後の髪はとってもデリケートな状態。直後はまだ薬剤が髪に残っているので、あとが付きやすいです。

 

仕事や学校などで結ばなくては行けない事情がある場合は、あとに残りにくいクッション性のあるゴムで軽く結びましょう。

 

直後のトリートメント

 

縮毛矯正後の髪にはまだ薬剤が残っています。これを残留アルカリと言います。

 

残留アルカリは完全に抜けるまで1週間ほどだと言われています。その薬剤が残っている状態でトリートメントなどで毛先からコーティングしてしまうと、中の薬剤が出て行けずに髪を痛め続けてしまうんです。

 

髪は濡れた状態だと薬剤が抜けやすくなります。

 

縮毛矯正をかけた翌日のシャンプー解禁後からは、優しく洗って薬剤を髪から流し出していきましょう。

 

それ以降はトリートメントをしても大丈夫。定期的にケアして、きれいなストレートヘアが長持ちできるようケアしていきましょう。

 

 

 



アミノ酸シャンプーの選び方 口コミ&成分解析 パサつき&乾燥対策 デジパを長持ちさせたい エイジングケアシャンプー